ハリウッド商会

ゴローの日々日常を赤裸裸に。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上海のスーパー運転手の話。

だいぶ以前(2007年)に自分のブログで書いた内容なのですが、改めていいなと思う内容だったので再UP。
「上海大衆タクシー」に乗ったマイクロソフト中国の幹部が出会ったその運転手とは?

※記事のソースが既に消滅している為、以前書いたブログのコピペです。

cimg37562.jpg

オフィスビルを出て空港に向かう幹部の前に、一台のタクシーがまっすぐ走ってきて止まった。運転手は「オフィスビルを2周して遠くへ行きそうなあなたの乗車を狙っていたのだ」と打ち明けた。「すごい眼力だね」と幹部は驚いた。

まず運転手は彼のコスト意識を披露した。
毎日会社には、1日当たり定額の380人民元と燃料費に相当する約210人民元を納める。それ以上稼げば運 転手の手取りとなる仕組みだ。17時間働くので1時間当たりのコストは34.5人民元だ。次の客を乗せるまでの平均空車走行時間は7分間。もしワンメー ターの客を乗せれば、実車走行時間が10分で、料金が10人民元。合計17分間で10人民元の収入しかないという計算になる。しかし、17分間のコストは 9.8人民元だから「そうなると食っていけない。だから、いかに長距離のお客さんをつかむかが腕だ」という。

ここまでコスト意識をもつ運転手は珍しいと思った幹部は、ではどのようにいいお客さんを見分けるのか、とさらに掘り下げてみた。

「まず客を見つけるために、やたらと走り回るのはよくない。客待ちの場所と時刻をわきまえて、客を選択する。たとえば、病院の前で薬をもった客と洗面 器をもった客がいるとすれば、タクシーをどの客の前に止めるべきかを判断する。運転手は洗面器をもった客の前に止まると断言した。薬をもった客はたいてい 普通の病気を治療するために病院に来た者だ。しかし、洗面器の方は退院した人だろう。病気を治して退院したときは、生まれ変わった解放感があり、命の大事 さと健康が第一だということを思い知らされている。だから、郊外の自宅に帰るときでもタクシーを使おうとするのだ。近くの地下鉄の駅まで乗って行って、そ こで地下鉄に乗り換えようとは考えない」という。ここまで話を聞いた幹部は運転手の話にすっかり興味を示してしまった。

運転手は話を続ける。
「科学的な方法、統計学的な方法で商売をすべきだ。毎日、いくら地下鉄の駅の前で待っていてもたいして稼げない。知識で自らを武装すべきだ。」ある日、 上海駅に行くお客さんがいた。お客さんが指示した道ではなく運転手は高架道路を勧めた。遠回りになるからとお客さんは嫌がったが、運転手は説得した。いつ ものルートの料金50人民元でいい。超過分はいただかない。実際は運転手が勧めたルートの方が4km余計に走ったが、25分も時間短縮になった。実際の料 金よりも10人民元ほど節約できてお客さんは喜んだ。
実は運転手もうれしかったという。10人民元の売り上げ減少とガソリン代4km分に相当する1人民元 のコストアップを伴ったが、それと引き換えに25分間の時間コスト、つまり14.5人民元を節約できたのだ。上海大衆タクシーにいる2万人の運転手の手取りは、ほとんどが毎月3000人民元~4000人民元で、よくて5000人民元くらいだ。8000人民元以上は2~3人程度しかおらず、その運転手はそのうちの一人だという。

ここまでくると、幹部はもうこのスーパータクシー運転手の話しのとりこになっていた。
「だから私は常に楽しい。稼ぎが多いから喜んでいるのだろうと言われるが、それは違う。常に楽しい気持ちで仕事をするから稼げるのだ、と私は言いた い。仕事がもたらしてくれる喜びを知ることが大事だ。人民広場で交通渋滞に巻き込まれると、たいていの運転手はいらいらする。だが私はこの時間を利用して この都市の美しさを体験する。ほら、きれいな女の子が車の前を通っていくだろう。そびえ立つ近代的な高層ビルの住宅は買えないけど、見ていて気持ちがい い。空港に行くときは両側の緑が美しい。メーターに目をやるとすでに100人民元を上回っている。気分は最高だ。どの仕事にもよいところがある。仕事を通 してそのよいところを見いだし、楽しむのだ。」
空港に着いた幹部は、名刺を差し出した。「今週の金曜日、マイクロソフト社で、社員たちにあなたがどのようにタクシーの商売をしているのか講演していただけないでしょうか。」

今年42歳で、17年間タクシーを運転してきた上海大衆タクシーの臧勤さんは3月17日午後3時、マイクロソフト中国を訪れて1時間近く講演した。講演中8回もの熱烈な拍手を受けた。

このスーパー運転手の徹底的なコスト意識は学ぶべき所が多いですが、何より特筆するのは「楽しむ」事を知ってる事。
17年同じ仕事してれば淡々と仕事こなすだけで楽しみなどほぼ皆無なのでは?と思ってしまいます。実際そういうの見てますので。。。
かくいうゴローはこの業界で20年位やってますが、やはりこのスーパー運転手同様仕事を「楽しんで」やってますし、まだまだ発展途上中です。もちろん仕事以外もガンガンと楽しんでます。

「自分が何かを楽しむ事で、相手も一緒に楽しむ事が出来る。」

これってやはりスゴく大事ですよね。


スポンサーサイト
  1. 2016/01/04(月) 19:06:57|
  2. 日記
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。