FC2ブログ

ハリウッド商会

ゴローの日々日常を赤裸裸に。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WR遂に始動!

一寸ずつ進めていたDT200WRですが、ボロい前廻りはとりあえずそのままにする事にして、
とりあえずは一度乗ってみるべく、エンジンに関わる液体の入れ替えを行いました。

ある程度の下ごしらえが終わった所で、いざ始動!

写真がなくて伝わりにくいのですが、無事始動し吹け上がりアイドリング共に良好です。
そして先日、待望のナンバーを取得してきましたので、いざ乗ってみると、
出足はGOODですが、パワーバンドに入る前に何かバラつきが。。。

そういえば。。。
YPVS見てないな。

という事でYPVSの点検です。
まず、+電源にバッテリーを直結(バッテリーレスの為)してモーターの動作を確認。
ヴィーンヴィーンと良好な動き。
そしたらシリンダー前部にあるバルブのバラシです。
IMG_0261.jpg
左側のフタを外します。
IMG_0262.jpg
続いて右。
このバルブ、左右分割の為両方から抜き取る形になります。
IMG_0264.jpg
ワイヤーホルダーを外し、ワイヤーホルダーのケースを外します。
IMG_0265.jpg
右バルブの奥にあるボルトを外します。
これで左右分割されて、両方から抜き取る形が出来ます。
IMG_0266.jpg
カーボンまみれ。。。
ただひたすらにきれいにしてやります。
IMG_0269.jpg
ピカピカは良いですね!
ついでに中もきれいにしてやりましょう
IMG_0267.jpg
抜いた直後。
IMG_0268.jpg
こちらもピカピカ。

そして組み付け、再度試乗。
アクセルのつきが良くなり、パワーバンド直前の変なバラつきも無くなりました。
しかし流石ヤマハの2スト。
速いですね〜。。


スポンサーサイト
  1. 2015/02/09(月) 00:06:37|
  2. DT200WR
  3. | コメント:0

DTの続き

ボロいDTの続きです。
エンジンの始動確認後は、リア回りのリフレッシュです。
いまいちリアの動きが悪い、というか極悪だったので外せる部品は全部外してチェックです。
IMG_0165.jpg

全バラの後は、各リンク部や、ベアリングのチェック。
奇跡的にベアリング関係は全部グリスが生き残ってました!
(オイルシールは一部リップが逝っちゃってましたが・・・)

清掃し、グリスアップ。
その間磨ける所は全て磨き、アルミの粉吹きは除去してやりました。
アルツハイマーに1歩前進。。。。

組み直して、リアをストロークさせると、
おお!
モトクロッサーのサスだ!
しなやかに深く沈んでいく感じ。

少しづつ公道デビューに近づいてます!

次はエンジンの水と油関係の総入れ替えかな。

  1. 2014/12/29(月) 23:58:10|
  2. DT200WR
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。